阪神高速大和側線の巨大な地下構造物に魅了 松虫中学校現場見学会(7月24日)

あすの夢土木は、7月24日(火)、大阪市阿倍野区の松虫中学校の1年生から3年生まで18名を対象に、阪神高速道路大和川線で現場見学会を実施しました。当日は、生徒の他、校長先生、5名の教諭、保護司会から5名、元気アップ事業から4名、保護者1名合計34名参加されました。

今回の見学会は、元気アップ事業の一環として、同校からの依頼を受けて開催したものです。

見学した現場は、阪神高速道路(株)が大阪都市再生環状道路の一環として進めている大和川線の開削・シールドトンネル区間はじめ、換気所の集塵・消音などの諸施設。

午後1時40分に松虫中学校をバス1台で出発した。バスの中では、NPO担当者が生徒達に阪神高速道路に関するクイズを出題。大和川線の事業費は何億円?の問題には、生徒達から○億円。桁が違うね。もうひと超え等のやり取りで盛り上がりました。午後2時から見学会が始まり、阪神高速道路株式会社 堺建設部大和川線建設事務所からの挨拶後、大和川線事業の目的、役割のほか、シールド工事の実施手順などをわかりやすく解説したビデオが上映された。

 

現場では、開削トンネル区間からシールド区間を歩きながら、「なぜこの区間が開削トンネル工法で施工されたか」、「なぜここからシールド工法で施工されたか」など担当者からの土技術面からの説明に、生徒達はじめ、先生方や保護者の方たちも熱心に聞き入っていました。

保護者の方たちからは、「普段から何気なく工事をみているが、地下にこんなに大きな構造物が土木技術によって建設されていることに、驚きです。」といった感想をいわれていました。

換気所の見学では、まず換気所建物の上に上り周辺を展望。担当者から、換気所の役割について説明。生徒達は、大和川線のほとんどがトンネル構造であるため、トンネル内を換気し安全・安心に利用できる環境を確保とあわせて、津波など災害時には近隣住民の避難所としての役割を担っていることに聞き入っていました。

次に、地下に通ずる深い急な階段を下りて、まずは大きな排風機が設置されているところで、担当者から排風機の仕組みについて説明。その後、トンネル内の空気に含まれる粉塵を取り除く役割を果たす電気集塵機、集塵機で除去された空気を外に噴き上げる際に発生する音を軽減する消音装置を見学。特に、消音装置のところでは、先生も生徒達の輪に入って筒状の消音装置の両サイドに分かれて大きな声で叫びあっていました。その声を受ける側の生徒達は、微かな音に変化して聞き取れないことに大きな驚きと興味をよせていました。

見学会の最後に、実物大のシールドパネル(直径約12m)の前で、生徒たち等中学校関係者全員で写真におさまり、16時無事見学会を終えました。

生徒達のアンケート結果では、

・日頃いけないところを見学できて大変面白かった。

・建設にあたり、様々な工夫されていることに大変勉強になった。

・こんなにも大きいトンネルを作ることができる技術ってすごいと思った。

・開削トンネルとシールドトンネル、換気所も含め、スケールの大きさに感動した。

・見えないところで、こんな大掛かりな工事が行われていたことや、排気、消音など土木の工夫に大変勉強になった。

などの感想をいただきました。

 

今回の見学会では、大変猛暑の中、阪神高速道路株式会社の堺建設部の方々には、大変ご多忙のなか、生徒達に対し、土木技術について真心のこもったわかりやすいご説明をしていただき、楽しい見学会となりましたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

トンネル現場に向かう生徒たち
換気塔施設の仕組みを聞く生徒たち
換気塔施設の仕組みを聞く生徒たち
換気塔(消音装置)の仕組みを聞く生徒たち
実物大のシールドパネルの前で集合写真